さいたま市北区の眼科 なのはな眼科 【眼科一般・加齢黄斑変性症・白内障・緑内障・糖尿病網膜症等他】
ホーム > 診療のご案内

診療のご案内


■ 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症の主な症状は、片眼性の視力低下、変視症、傍中心暗点があり、50歳以上の人にあらわれます。病気の舞台となる黄斑という部分は、眼の奥の網膜という、カメラでいえばフィルムにあたる部分の中心にあり、色や光を感知する大変繊細なところです。この部分の構造的老化に加えて、長年にわたる酸化ストレスや慢性炎症などのさまざまな因子が関与して網膜色素上皮の異常やリポフスチンの異常蓄積を起こし、病気へと向かっていきます。このような状態を前駆病変といいます。対策として、加齢黄斑変性症が失明原因第1位になっている欧米ではサプリメントの摂取をすすめています。(当院でも取り扱いがありますので、ご相談ください)
さらに不幸にも進行してしまった場合、加齢黄斑変性症は病態により萎縮型と進出型に分類されます。


● 萎縮型加齢黄斑変性症の治療

 萎縮型は網膜色素上皮とブルッフ膜のあいだに蓄積した沈着物が、大型で長期間存在したときに、網膜色素上皮が少しずつ萎縮していき視力がだんだん低下していく病変で、残念ながら治療法はありません。ひき続き規則正しい生活や禁煙、ビタミンC、E,亜鉛、ルテインなどのサプリメントを服用していきます。

●  滲出型加齢黄斑変性症の治療

 滲出型は脈絡膜毛細血管板と網膜下のバリア機能の低下が起きて、脈絡膜新生血管を生じるタイプです。治療は硝子体注射といって眼の中に血管内皮増殖因子阻害薬を注入する方法が主流です。現在は数種類の薬剤がありますが、効果には個人差があるようです。



■ 白内障

白内障はレンズの濁りです。ほとんどが、加齡性変化ですが、外傷や、アトピー、糖尿病など全身性疾患にも伴って起こります。進行を抑える薬を投与する他、患者さんの視力と不自由の度合いをみて、手術可能な施設に紹介しています。白内障を調べるためには通常の顕微鏡検査の他、散瞳剤を用いた精密検査もした方がよいでしょう。

■ 緑内障

 緑内障はだんだん視野が欠けていく病気で、現在失明原因の第1位となっています。40歳以上の人では17人に1が緑内障で、発症すると治ることは難しく、徐々に進行していきます。寿命が長くなってきている今、生涯にわたって視機能が低下せずに、生活の質を維持していくためには早期発見、早期治療とその後の経過観察が大切になります。
 緑内障と聞くと、眼圧はいくつですか?と質問される方が多くいらっしゃいますが、眼圧が高くても正常の場合もありますし、眼圧が低くても緑内障の場合があります。特に日本人に多いタイプは眼圧が正常範囲の緑内障ですので、診断するためには視野検査、OCT(三次元画像解析)などのいろいろな検査をする必要があります。
 初期の緑内障では視野欠損の自覚症状はなく、日常生活に全く支障はないのに、緑内障の病期ではすでに全経過中の半分をすぎてしまっています。これは、視野検査で発見される前に相当数の網膜神経節細胞が消失しているという細胞レベルの変化が起きているからです。この網膜神経節細胞はどういう働きをしているかというと、眼から入った情報が眼球の内側にある約1億個の視細胞に受け止められ、120万〜150万個ある神経節細胞に伝達されます。両者間の数が異なり場所によっても密度が異なるので、平均すると1対100対応になります。そして、視覚情報が脳へと伝達されていきます。この時、例えば1個の神経細胞節細胞が障害された場合、約100個の視覚情報が失われるということになります。この細胞がだんだん減少していくと、最初はわずかな変化しかなかったのにある段階になると急激な視野の変化を生じてきます。
 このようにして緑内障が進行してくると、しだいに片眼を手で覆うと暗い部分を自覚できるようになってきます。ところが、私たちは両眼でものを見ていますので、お互いの眼が見えていない部分を補てんし、見えているように感じてしまいます。そのため、かなり進行してしまうまで気がつきにくくなります。
 このようなことがありますので、40歳を過ぎたらきちんと検査を受けて、必要ならば適切な治療をしていきましょう。
 

■ 糖尿病網膜症

目の網膜は、全身の組織のなかでも、酸素消費量の多い組織とされています。糖尿病は血管が傷んでしまう病気なので、糖尿病により網膜の血管に病変が生じると高度な低酸素状態となり、網膜はダメージを受けてしまいます。たとえ、糖尿病のコントロールがよい人でも10年経つと糖尿病網膜症を発症しやすくなってきます。一度発症してからの経過は速く、10年大丈夫であった人でも次の3年くらいでどんどん悪化していきます。高度な低酸素状態になった場合、網膜の酸素や栄養の必要な量を減らす目的でレーザー治療を行います。

■ ドライアイ

 眼のかわき以外にもまぶしい、ゴロゴロする、疲れる、かすむ等、さまざまな症状がでるドライアイですが、さらに仕事をしている人ではドライアイが原因で仕事を達成させる能力が低下することもあり、たかがドライアイとは言ってられません。
 ドライアイというのは涙液と角結膜上皮の慢性疾患で涙液の減少や性質の変化、上皮障害によって発症します。
涙液の減少…シェーグレン症候群、涙腺機能不全、コンタクトレンズ装用など     
涙液の質の変化…マイボーム機能不全、VDT作業、薬剤性などにより外界に接する油層、液層(水分分泌型ムチン)上皮層(膜型ムチン、上皮細胞)のいずれかの異常が起こっています。
 その他のリスクファクターとして加齢、ホルモンのアンバランス(アンドロゲンとエストロゲン)全身疾患、生活習慣、生活環境などもあげられます。これらの発症因子を1つずつ直していくことがドライアイの治療につながりますので、人によってそれぞれ治療法、点眼の使い分けをしていくことになります。







● ドライアイの治療





【治療前】
【治療後】

■ 検診・眼鏡の処方

● 屈折異常

遠くから近くまでいろいろな距離にあるものを見るためには、目の屈折力を変化させる必要があり、そのために、水晶体の厚さを変化させています。これは調節機能と呼ばれ、目の中にある筋肉の働きで行われています。この調節を休ませた状態で見たときに、遠くにある目標が眼底に焦点を結ぶか、眼底より前で結ぶか、眼底より後方で結ぶかで、それぞれ正視、近視、遠視とよびます。便宜上、正視以外を屈折異常と呼んでいます。

● 当院での治療

遠視では、軽度であれば遠くはよくみえますが、ある程度以上では遠くも近くも見えくいので、眼鏡をかけることによってどちらもよく見えるようにします。近視では、遠くのものを見るときに眼鏡をかけるとよく見えるようになります。ある程度以上の遠視、左右差の大きな遠視を放置すると、子供の視力の発達を障害したり、見えにくいのを我慢していたりすると、集中力に欠けたりします。


なのはな眼科
〒331-0812 埼玉県さいたま市北区宮原町3-558 第5シマビル3F
048-662-1100